« 中国バブル崩壊の引き金は | トップページ | 35日の法事が終わりました »

2014年7月10日 (木)

ブラシレスジンバルという機材

手ぶれ補正の歴史はブレンビーでラッキィ池田がやってたあたりからの認識ですが、なんでもないカメラを積んで手ぶれ補正をやっちゃう機械があるらしく。

「ジンバル」

というのだそーで。具体的にはこんな感じ。
4_2

サーボモーターだとカクカクしてイマイチ感満載のジンバルですが、ブラシレスモーターを用いることでヌルヌル動くようになったのだそーで。

最近はモーター2個付きで100$切ってたりとかかなり実用レベル。

カメラとジンバル積んだコプターなんかも出ていて、なんかぐう買いたくなる。
Jin

« 中国バブル崩壊の引き金は | トップページ | 35日の法事が終わりました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラシレスジンバルという機材:

« 中国バブル崩壊の引き金は | トップページ | 35日の法事が終わりました »

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ